ニキビの原因・治し方を公開中

乳液って必要?

乳液って必要?

こんにちは、矢吹です。


前回の記事は、「化粧水は必要ない」という話でしたが、
今日は乳液についてお話ししていきます。


スキンケアで欠かせないものといえば、
一番が化粧水だとすると、二番は乳液でしょう。


「化粧水で水分を与え、乳液でフタをする」

これがスキンケアの常識になってしまっています。

確かに理にはかなっています。油と水は混ざりませんから。


しかし、それは液体同士の話です。

「私たちの肌って、水で出来ているんですか?」

違いますよね。


水と油の関係を、そのまま肌に当てはめるのは、あまりに強引です。

肌は水ではありませんし、肌から出て行くのは水蒸気です。


顔がテッカテカになるくらい油を塗りまくれば
水分の蒸発を防げるかもしれませんが、

そんなことしたら皮膚の代謝を妨げ、余計に肌が荒れるだけです。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~



乳液はフタの役割をしない

結局「油分でフタ」というのは、
化粧品メーカーが消費者に商品を買わせるためのセールストークでしかありません。

そういうのに振り回されていれば、

「乾燥するのは化粧品が合ってないからだ」

などと、ズレたところでいつまも迷走することになってしまいます。



肌が乾燥してしまうのは、水分の量が少ないからではなく、


「水分を捕まえる力が足りないから」


です。


つまり、「水分保持力」です。

いくら水分がたくさんあっても、それを捕まえておくことが出来なければ、
どんどん出て行ってしまうだけですよね?

でも、逆に水分保持力が高ければ、
少ない水分でもしっかりと潤いを保つことが出来るはずです。

20歳と60歳を比べたら、体内の水分量は20歳の方が断然上です。

しかし、水分をちゃんと捕まえておく力があれば、
60歳でも20歳に負けないくらいみずみずしい肌でいることが可能なんです。


みんなここを分かっていません。

肌内部に目を向けなければいけないのに、肌表面で何とかしようとしてるんです。

ザルの表面にせっせと油を塗って、水が漏れないようにしているのと同じです。

だから、いつまで経っても変わらない。


肌の表面にいくら油分塗ったところで、何の問題解決にはなりません。

じゃあ、水分保持力とやらを高めるにはどうしたら良いのか?


続きます。



次回をお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional