ニキビの原因・治し方を公開中

日焼け止めの選び方-PA編-

日焼け止めの選び方-PA編-

こんにちは、矢吹です。


今日は、前回の記事の続きです。

日焼け止めにはSPFが書かれているという話でしたが、
その他に「PA」というものも必ず書かれています。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~



PAってなに?

PAは、「紫外線A波(UVA波)」の防御効果を示す数値のことです。

紫外線A波(UVA波)は、皮膚の真皮まで届き、コラーゲンなどを破壊し、
シワやたるみなどの、肌の老化の原因になる紫外線のことです。

SPFが肌の表面を傷つける紫外線だったのに対し、
PAは肌の内部を傷つける紫外線です。



PAは3段階あります。

  • PA+
  • PA++
  • PA+++

とあり、+が多いほど防御効果が高いです。

最近は++++(フォープラス)の商品も出てきました。


参考までにいうと、通常の生活ではPA++、
海など紫外線をたくさん浴びる場所では、PA+++のものを選ぶといいでしょう。



「よし、わかった。これで紫外線対策は万全だね!」

といきたいところですが、実はまだ大事なことがあります。


実は、上記の説明した効果は、


「日焼け止めを、皮膚の1平方cm(1cm×1cm)あたり、2mg塗った時」


という条件のもと測定された値です。


おそらくほとんどの人は、白浮きしたりベタつかないように、薄く伸ばして使っていると思います。

実はその量では、効果がある量の大体5分の1くらいしかありません。


つまり、本当は普段塗っている量の5倍塗らないと効果がないんです。


しかし、実際それだけの量を塗ると、どうしてもベッタベタになって不快感が拭えませんよね。
見た目もテカテカです。


なので日焼け止めは、一度にたくさん塗るのではなく、

少量を2~3時間置きにこまめに重ね塗りする方法をおすすめします。

そうした方が、SPFが高いものを1回塗るよりも、
SPFが低いものを2~3時間おきに塗り直す方が紫外線カットの効果は高まります。

面倒だとは思いますが、この方法が一番効果的な方法です。


そして、「日焼け止めを使うタイミング」についてもお話します。


基本的に日焼け止めは、

「紫外線が強い時期、時間帯にだけ」

使うようにします。


その理由は、日焼け止めは確かに紫外線から肌を守ってくれますが、
それに含まれる紫外線吸収剤などが肌に良くないからです。

肌が弱い人によっては、紫外線ではなく日焼け止めクリームのせいで
肌が荒れてしまうことも少なくありません。

だから、日焼け止めは必要な時以外(紫外線が強い時以外)は、
出来るだけ使わないようにした方がいいです。



紫外線が強い時期は、4~9月。

その時期でも、朝や夕方など、日の光が弱い時間帯なら塗る必要はありません。

昼間日差しが強い時間帯に、20分以上外にいる場合は塗りましょう。

10~3月の期間は、紫外線がそれほど強くはないので日焼け止めは
使用しなくても問題はないと、私は考えています。(あくまで個人的な考えです)



「まとめ」

日焼け止めクリームは、

  • SPFは15~20、PAは+、++で十分
  • 2~3時間置きにこまめに重ね塗りした方が効果がある
  • 4~9月以外は使わなくてもいい、その時期でも朝や夕方は必要ない

となります。


日焼け止め選びの際には、ぜひ参考にしてみてください。



それでは今日はこの辺で。

次回もお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional