ニキビの原因・治し方を公開中

日焼け止めの選び方-SPF編-

日焼け止めの選び方-SPF編-

こんにちは、矢吹です。


4月に入り、だんだん暖かくなってきましたね。

今週は関東で夏日になる日もあるとかないとか。



暖かくて過ごしやすい日が増えるのは嬉しいですが、
気にしなければいけないのは、「紫外線」のこと。

こちらの記事でも触れましたが、紫外線はありとあらゆる肌トラブルに関わってきます。

特にニキビ肌の人にとっては、出来るだけ浴びないように気をつけたいものです。

安全に日焼け止め対策をするなら、UVカット効果がある日傘や帽子が一番ですが、
いつでも常にそれらを身に付けられるかというと、そうではないと思います。



例えば、学校の授業、部活、仕事などの時は、日傘や帽子は使えないでしょう。

長時間紫外線がダイレクトに肌に当たってしまいます。



そんな時役に立つのが、「日焼け止めクリーム」です。

その名の通り、肌に塗ることで紫外線から肌を守ってくれます。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~



SPFってなに?

日焼け止めには、必ず「SPF」が書かれています。

  • SPF15
  • SPF30
  • SPF50

など。


SPFとは、「紫外線B波(UVB波)」の防御効果を示す数値のことです。

紫外線B波(UVB波)は、皮膚の表皮に届き、赤く炎症を起こしたりして
日焼けやシミ、そばかすの原因なる紫外線のことです。

簡単にいうと、肌の表面を傷つける紫外線ですね。

ここで勘違いしやすいのですが、


SPFは高ければ高いほど紫外線の防御率が高くなるわけではありません

なぜなら、SPFは、紫外線の防御率ではなく”防御時間”のことだからです。


少し詳しく説明すると・・・

まず、基準のSPF1を説明します。

例えば日光浴などをした場合、日焼け止めを何も塗っていないと、
肌は20分前後で赤くなり始めます。

その20分が基準で、SPF1としています。

つまり、SPF30の日焼け止めを塗れば、20分が30倍になるので600分、
つまり10時間紫外線から肌を守ることが出来るというわけです。

SPF50なら、20分が50倍になるので、1000分=16時間40分ですね。

あくまで「時間」です。

実は、防御率でいうとSPF15も50もほとんど変わりません。


15と50の効果の差は2%程度です。ほぼ一緒。

国民生活センターも、「消費者に誤解を与える過大表示だ」と指摘をしていますし、
紫外線が強いオーストラリアでも、SPF値は30までと制限されているので、
日本でSPF50の日焼け止めを使用する必要性はほとんどないといってもいいと思います。


むしろ、SPFの値が高いほど紫外線を吸収する薬品が多く含まれるので、
アレルギー反応も起こりやすくなり肌を傷つける可能性も高くなります。

それこそ、普段の生活で毎日SPF50くらいの数値が高い日焼け止めを使っていたら、

日焼け以前に、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤などの副作用で
肌が荒れてしまいます。



普段の生活で日常的に使う場合は、SPF15~20で十分。

海や山など、紫外線が強い場所では30~40でいいでしょう。

続きます。


次回もお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional