ニキビの原因・治し方を公開中

正しい洗顔のやり方

正しい洗顔のやり方

こんにちは、矢吹です。


前回の記事に引き続き、
今日も「洗顔」についてお話ししていきます。


いきなり質問ですが、


「洗顔の後、顔がつっぱったり、ヒリヒリしてしまうことってありませんか?」


もし、「ある」と答えた人は要注意。


そうなってしまうのは、

  • 洗顔料が肌に合ってない
  • 洗顔のやり方が間違っている

のどちらかが考えられます。


前者の場合は、洗顔料を変えれば問題が解決します。

なので、今使ってる洗顔料はやめて、別の洗顔料を使うようにしてみてください。
(洗顔料選びについては、こちらの記事を参考に)


そして、後者の場合は、洗顔料を変えても問題は解決しません。

洗顔のやり方が間違っているので、どんな洗顔料を使おうが、
いつまで経っても肌荒れし続けてしまいます。


なので、洗顔の基本的なやり方についてお話しをしていきます。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~



洗顔のやり方

洗顔は基本的に、


  • きめ細かい泡
  • こすらない
  • 短時間


で行います。


この3点が全てです。



  • きめ細かい泡

まず泡というのは、皮脂汚れがついた瞬間にはじけます。

なので、きめが粗い泡(大きい泡)だけでは、汚れを十分に落とすことが出来ません。
汚れを落としきる前に泡が無くなってしまいます。

まずは、きめ細かい泡で顔を包み、十分に汚れが落ちるようにします。


  • こすらない

そして、きめ細かい泡で洗う時は、手が肌に触れないようにしましょう。

手で肌をこすってしまうと、本来必要な角質まではがれたり、めくれてしまい、
余計に乾燥したり敏感になってしまいます。

必ず、「泡で洗う」を心がけてください。


  • 短時間

そして、洗顔は「短時間」で行ってください。

基本的に、洗顔は肌に負担をかける行為なので、
時間をかければかけるほど肌を傷めることになります。

泡を乗せている時間は、1分以内にしましょう。


すすぐ時は、たっぷりのぬるま湯ですすぎます。
この時も、できるだけ肌に手が触れないように。

髪の生え際など泡が残りやすいので、すすぎ残しがないように十分に行ってください。


そして、最後は柔らかいタオルで水分をそっと抑えます。


これで終わりです。ぜひ参考にしてみてください。



それでは今日はこの辺で。

次回もお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional