ニキビの原因・治し方を公開中

洗顔料なに使ったらいいの?

洗顔料なに使ったらいいの?

こんにちは、矢吹です。


前回の記事で、

「洗顔は、汚れを落とすことだけを考えればいい」

という話をしました。


それはつまり、洗顔料の多くは、コラーゲンやヒアルロン酸など
その他諸々の”保湿成分”が配合されていることが多いけど、

そういうのは全く必要のないものだ

ということです。


洗顔料は汚れを落とすものであって、それ以下でもそれ以上でもありません。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~



洗顔に適した洗顔料とは?

汚れを落とす成分だけで、かつ肌に負担が少ない洗顔料、


それは、


石鹸


です。


しかも、安い石鹸です。

安い石鹸がいい理由は簡単。


余計なものが入っていないから

です。


しかし、その石鹸といえど、商品数はごまんとあります。

それこそ1個100円の安価な石鹸から、1個数千円する高価な石鹸まで。


「同じ石鹸なら、やっぱり高い方がいいんじゃないの?」

そう考える人も少なくありませんが、


汚れを落とす力は、安い石鹸も高い石鹸もほとんど変わりません。


高い方が汚れが落ちるなんて、そんなことはありません。

高いのは、無駄に原材料にこだわったり、
余計な成分を付加価値でたくさんつけるからです。


そして、それらは肌にとって全く必要じゃないものです。

もう3年前になりますが、悠香の茶のしずく石鹸でアレルギー被害問題が
あったように、配合成分は増えれば増えるほど危険です。


逆にいうと、石鹸は色んな成分が入ってない方が安全です。

そして、それで十分です。

私も1個100円の無添加石鹸をずっと愛用しています。


100均の石鹸でもいいですし、薬局やドラッグストアに行けばたくさん
種類あるので、自分に合ったものを選びましょう。

1000円も2000円もする石鹸(洗顔料)を買うのは、
お金が無駄な上に、自ら肌荒れの確率を高めるだけなのでやめましょう。



では今日はこの辺で。

次回もお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional