ニキビの原因・治し方を公開中

漢方薬でニキビを防ぐ

漢方薬でニキビを防ぐ

こんにちは、矢吹です。


今日は漢方薬です。

漢方というと、皮膚科で処方された経験がある人も多いと思います。


なぜニキビ治療で漢方薬を使うのかというと、

漢方には、体の内側から調子を整える効果があるから

です。


以前の記事でも話しましたが、
ニキビの直接的な原因は「異常角化」です。

そして、異常角化が起きる原因は、
代表的なものは「ホルモンバランスの乱れ」です。


このホルモンバランスの乱れは、
思春期や女性の場合生理の前後に起こりやすいですが、

それ以外でも、

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 不規則な生活
  • 偏った食生活

など、ちょっとしたことの積み重ねでも起こります。

そうした体の調子の乱れを、漢方薬で整えるというわけですね。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~



漢方薬の効果ってなに?

漢方薬の基本的な効果は、

「体内のバランスを整え、自分が持つ自己治癒力を高める」

です。

ただ、体質や症状は人それぞれ異なるので、
患者の体質や体調をよく調べてから、その人に合った処方をします。

他の人が良く効いたからといって、それが自分にも効くとは限りません。
逆も然りです。


だから、自分に合った漢方を処方してもらうためにも、
専門医に処方してもらうのが一番効果的ではあります。

最初は、薬局やドラッグストアの漢方薬を試してみてもいいですね。



ニキビに効く漢方薬は?

色々種類がありますが、ニキビ治療の場合は、
ホルモンバランスを整えたり、皮膚の免疫力を上げる効果がある
漢方薬を使います。


また、ニキビに悩む人は、「淤血(おけつ)体質」であることが多いです。

淤血(おけつ)とは、血の巡りが悪い病態のことです。

血行が悪いので、肌に必要な酸素や栄養が運ばれず、
新陳代謝が悪くなり、肌が弱っていってしまうんですね。

なので、淤血体質を改善する漢方薬も、
ニキビ治療で使われることが多いです。



参考までに、ニキビに効果があるといわれている漢方を紹介します。


  • 清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

顔の熱や炎症を抑える作用があります。
ニキビ治療で一番処方される漢方だと思います。


  • 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

顔の熱や腫れを抑え、血液循環を良くします。
皮脂が多い人に向いています。


  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

血行改善、ホルモンバランスを整える作用があります。
女性に処方されることが多いです。


  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)

血液循環を良くして身体を温めたり、
ホルモンバランスを整える作用があります。


  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

血行を整える、子宮などの炎症を鎮める。
ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。


  • 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

皮膚の赤みやかゆみを軽減し、腫れや化膿を抑える作用があります。
顔だけでなく、背中や胸、お尻など体にもニキビが出来る人向きです。



飲み方・副作用

  • 飲み方

普通は、食前や食間など空腹時に飲みます。
その方が吸収が良く、効果を得られるからです。

ただ、胃腸は弱い人は食後でも大丈夫です。

飲む時、白湯に溶かすと薬の吸収が良くなります。


  • 副作用

漢方薬も薬なので、人によっては少し副作用がある場合もあります。

ただ、あっても胃のムカつき、食欲不振など軽い症状です。

重いものはないので安心してください。


以上です。

気になる方は一度試してみてください。



それでは今日はこの辺で。

次回もお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional