ニキビの原因・治し方を公開中

無添加コスメにニキビ改善効果はある?

無添加コスメにニキビ改善効果はある?

こんにちは、矢吹です。


今日のテーマは

「無添加コスメ」

です。


「無添加」って付くと、ただそれだけで肌に優しい感じがしますよね。

防腐剤フリー、パラベンフリー、界面活性剤フリー、オイルフリー、
無香料、無着色etc...

“肌荒れを起こす可能性がある添加物を一切配合していないから安心”

それが無添加コスメの売りです。


私も当時は散々いろいろな無添加コスメを使いました。

余計な成分が入っていないお陰か、
ニキビが悪化することは少なかったと思います。

かといって、改善することもありませんでした。

使っても使わなくても同じ、そんな感じでした。


無添加といっても化粧品は化粧品。

ニキビを治す効果はありません。

配合されてる成分が少ないので他の化粧品よりはマシ、というレベルです。



簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~


そもそも”無添加”じゃないことが多い

「無添加」というと、添加物が入っていないことをいいます。

でもそんな商品ありえないですよね。

化粧品には水や油が使われているので、
防腐剤や殺菌剤を配合しないとすぐに腐ってしまいますから。


無添加と謳いながら、実際は添加物は配合されていることがほとんどです。

じゃあ、無添加コスメじゃないじゃん!

はい、そうです。

無添加コスメは、無添加じゃありません。

それでも違法じゃないのは、ある理由があります。



アレルギー反応を起こしやすい102の成分が入っていなければ無添加

化粧品でいう無添加は、

「厚生省が定めるアレルギー反応を起こしやすい
102の成分が入っていない化粧品」

のことをいいます。


102の成分が入っていなければ無添加といってもいい・・・

・・・ということは逆に言えば、102の成分以外の添加物であれば、
添加物が入っていても無添加といっていいことになります。

だから、無添加じゃない無添加コスメが存在するというおかしなこと
になっているんです。


しかしながら今の時代、大手化粧品メーカーの商品回収問題が
相次いでいることからも分かるように、

102の成分が入っていないからといって安心は出来ません。


化粧品メーカーは、他の会社に負けないように新成分の発見・生成に
躍起になっていて、安全性は二の次になってしまっているからです。

おそらく今後はアレルギー反応を起こしやすい成分が102ではなく、
もっと増えて厳しくなるでしょう。


実際、茶のしずく石鹸問題があったように、
いつ自分が突然アレルギーを発症してしまうか分かりません。

茶のしずくの場合は小麦アレルギーでしたが、もし発症してしまったら悲惨です。

今まで好きだったものが食べられなくなり、
この先ずっと厳しい食事制限をしていかなければなりません。


化粧品の成分表示を見て「この成分は安全。これは危ないかも。」
なんていちいち確認しますか?

しませんよね?

でも、全成分表示が義務化された今、どの成分が危険かは自分で確認
するしかないんです。

正直そこまでして化粧品使う意味ってあるんでしょうか?


私はないと思います。

無添加だろうが、天然成分だろうが、オーガニックだろうが、
化粧品である時点で肌に悪いですから。

美肌になりたいなら化粧品とは縁を切りましょう。



それでは今日はこの辺で。

次回もお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional