ニキビの原因・治し方を公開中

皮脂を落としても落としてもテカる原因とは?

皮脂を落としても落としてもテカる原因とは?

こんにちは、矢吹です。


健康な肌は、乾燥せず脂っぽくもない、さらさらな肌です。

触るとすべすべしている感じです。

一番分かりやすいのが赤ちゃんの肌ですね。

カサカサでもなくベタベタでもなく、すべすべでさらっとした肌です。

画像の説明


しかし、大人になると肌をしっとりさせる人が増えてきます。

乳液や美容液・クリームなどをしっかり塗り、肌をベタベタにさせます。

テレビCMなどを見ても、手が肌に吸い付いている様子をアピールして、
肌がしっとりしていることが潤った美肌の条件だと表現しています。


でも、これが大きな間違い。


肌をしっとりさせると、
最終的には肌が異常なまでにテカるようになってしまいます。


皮脂を抑えても抑えてもテカりが治まらなくなるのです。

あぶら取り紙やハンカチで抑えてもテカりが治まらない・・・
すっぴんの状態でもテカる・・・

そうなったら、肌はかなりの重症です。

肌内部は傷つきボロボロです。
実際、乾燥して仕方が無いはずです。

乾燥しているのにテカりがある。

でも、オイリーではない・・・

これは一体何なのか?



簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~


キメを失った肌はテカる

テカりの正体は、キメがなくなった肌です。

キメとは、肌表面の微細な溝のことです。

「健康な肌はキメが細かい」と言いますね。

つまり、健康であるほどキメは多いということ。

逆に、キメがない肌は、不健康でボロボロな肌だということです。


じゃあ、なぜキメがないと肌にテカりが出るのか?

先ほども言いましたが、キメは肌表面の微細な溝のことです。

この溝があることで、肌は弾力があり伸縮性を持つことが出来ます。


しかし、この溝が無くなると、肌表面はつるっと平らになります。

そうなると弾力や伸縮性はなくなり、ちょっとしたことで肌が突っ張るようになります。

あなたも心当たりありませんか?

洗顔後に顔が突っ張ること。

突っ張るあなたは、残念ながらキメがない肌です。

キメがないと、肌は一枚の鏡のようになり、光を反射しテカって見えるようになってしまうのです。

これが乾燥しているのにテカる理由であり、
皮脂を落としても落としてもテカる理由です。



キメを取り戻すには?

キメを失うと、化粧ノリは悪くなり、肌はいつも赤みを帯び、粉を吹きます。

悪化すると、かゆみや湿疹を引き起こし、慢性的な炎症を繰り返すようになります。

炎症が治まっても、今度は茶色く色素沈着が起こり、くすみやシミが出来ます。
角層は薄くなり、肌に支える力がなくなるので、シワも出来やすくなります。


そんな肌になりたいですか?

なりたいわけないですよね。

キメがあり健康で内側から光り輝いている肌になりたいと、皆思ってるはずです。

キメを失って赤くテカテカ光っている肌なんて誰もなりたくありません。


じゃあ、キメを取り戻すにはどうすればいいのか?

それは簡単です。

いつも言ってることですが、化粧品をやめることです。

そして、洗顔し過ぎない。

過剰なケアは、全て肌を傷つけ、キメを失う原因に繋がります。


長年かけて丹念に化粧品をすり込んできた人ほど肌はボロボロです。

しかし、どんなボロボロの状態でも、正しいケアを続ければ肌は必ず回復します。

2~3日では無理ですが、2ヶ月3ヶ月と続けていけば劇的に改善していきます。

シンプルケアでしか、傷ついた肌を回復させることは出来ません。

石鹸一つのシンプルケアでキレイな肌を手に入れましょう。



それでは今日はこの辺で。

次回もお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional