ニキビの原因・治し方を公開中

皮脂膜ってなに?

皮脂膜ってなに?

こんにちは、矢吹です。


今日は、皮膚の表面を覆う「皮脂膜」についてお話ししていきます。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~



皮脂膜とは?

皮脂膜は、簡単にいうと皮脂と汗が混ざったものです。

肌表面の油分ですね。


水分の蒸発を防いだり、肌に滑らかさを与える役割を果たします。

自分で作り出した「天然のクリーム」のようなものです。


皮脂と汗が混ざったものといいましたが、

厳密にいうと作り出しているのは”皮膚常在菌”といわれている菌たちです。


善玉菌である表皮ブドウ球菌が、
皮脂や汗を食べ分解し弱酸性の脂肪酸を作り出します。

この脂肪酸が汗や皮脂と混ざり合って乳化し、皮脂膜になります。


肌が弱酸性といわれるのも、皮脂膜が弱酸性だからです。


皮脂膜で覆われることによって、弱酸性を保ち、
病原菌や雑菌の繁殖を防ぐことが出来る、というわけです。


しかし、1日に何度も顔を洗うとこの皮脂膜がなくなってしまい、
肌がアルカリ性に傾き病原菌や悪玉菌が繁殖し、
ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

だから、洗顔は必要以上にしてはいけないんです。

必要以上に洗顔すると、肌トラブルを引き起こすだけです。


オイリー肌でも、洗顔は1日に3回が限度。

洗顔料を使った洗顔は夜の1回にしましょう。


ニキビを治したいからといって、顔を洗い過ぎるのは厳禁です。

気をつけましょう。



では今日はこの辺で。

次回もお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional