ニキビの原因・治し方を公開中

皮膚の構造ってどうなってるの?

皮膚の構造ってどうなってるの?

こんにちは、矢吹です。


ニキビを自分で治したいなら、
最低でも皮膚の構造くらいは知っておかなきゃいけません。

「敵に勝つには敵を知ることから」

です。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~



皮膚は3つの組織で成り立っている

まず、皮膚は上から、「表皮」 「真皮」 「皮下組織」という構造になっていて、
表面は「皮脂膜」という油分で覆われています。


断面図はこんな感じです。

( 皮脂膜  )
[  表皮  ]
[  真皮  ]
[ 皮下組織 ]



では、一つずつ見ていきましょう。

  • (皮脂膜)
    汗と皮脂が混ざり合ったもの。
    水分の蒸発を防いだり、肌に滑らかさを与える役割を果たす。
    また肌を弱酸性に保ち、バイ菌や病原菌の繁殖を防ぐ。


  • [表皮]
    ケラチノサイトと呼ばれる皮膚細胞によって形成されている。


  • [真皮]
    肌の弾力を保つ役割を果たす。
    主な成分は、コラーゲンやヒアルロン酸。


  • [皮下組織]
    ほとんどが皮下脂肪。


簡単に説明するとこんな感じです。


以前、異常角化(こちらを参照)は角層が厚くなってしまう状態だと説明しましたが、

角層は、表皮の最上層です。

角層については長くなってしまうので、次回お話ししていきます。



皮膚は頭のてっぺんから足のつま先まで全身を覆っていて、
厚さは体の部位によって異なりますが約2㎜。


そんな薄さですが、ウィルスや細菌の侵入を防いでくれます。


いわゆるバリヤ機能ですね。


他には、分泌作用(汗や皮脂)、知覚作用(触覚、痛覚、温・冷)、
体温調節など、様々な機能を備えてます。

こういった皮膚のメカニズムが次々と解明されてきて、
皮膚は最大の臓器だと言う人もいます(私もそう思います)。


まだまだ分からないことが多い皮膚ですが、
今後もっと研究が進み詳しいことが分かれば、
ニキビ治療にも役立つ日がきっと来るでしょう。



では今日はこの辺で。

次回もお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional