ニキビの原因・治し方を公開中

肌はしっとりもちもちさせてはいけない

肌はしっとりもちもちさせてはいけない

こんにちは、矢吹です。


多くの女性の肌の悩みが「乾燥」です。

実に、日本人女性の4人に3人は乾燥肌だといわれています。


特にこれからの時期、空気はますます乾燥し、
肌はカサカサで化粧のノリが悪くなって辛いと思います。

朝に乳液・美容液をしっかり使ってしっとりさせているのに、
午後になることにはカッサカサの肌になる・・・

そういう人も少なくないと思います。


一生懸命しっとりさせているのに、どうして乾燥してしまうのか?

不思議に思ってる人も多いでしょう。


これにはちゃんとした理由があるんです。



簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~


「しっとりもちもち=潤い」ではない

「吸い付くようなしっとり&もっちり肌」

ほとんどの人はそんな肌を目指していると思います。


化粧水をつける時は肌が吸い付くまで何度も何度もパッティング
して、

化粧品のCMでも、肌がもちもちに吸い付くのがいいように見せます。


でもね、

“しっとりもちもち”させても肌は潤わないんです。


それを肌が潤っていると勘違いしてはいけません。

しっとりもちもちになっているのは、

化粧水の中の粘性がある成分(グリセリン、ヒアルロン酸など)で
肌がベタベタになっているだけ。

乳液、美容液に含まれる油分で肌がテカテカになっているだけ。

本当にただそれだけです。


水分が満たされて潤い、しっとりもちもちになっているわけじゃないんです。

というより、

本当に水分が満ちて潤っている健康な肌は、しっとりもちもちしていませんから。


健康で潤っている肌は、すべすべでさらさらしています。

手に吸い付くことはありません。


赤ちゃんや小さな子供の肌を触ってみてください。

さらさらしているでしょう?(汗をかいてしっとりしているかもしれませんが)

大人のような、ツヤっとして、いかにも
「お手入れしてます」みたいな不自然な肌はしていないはずです。

何もつけていないような自然な素肌です。


子供の肌が分からなかったら、自分の二の腕の内側を触ってみてください。

すべすべでさらっとしていてキレイでしょう?


二の腕の内側というのは、紫外線が当たらず、服でこすれることもなく、
毛穴も少ないので身体の中でかなりキレイな部分なんです。

キメが細かく、すべすべしています。

それが理想の肌なんです。

ベタベタせず、さらさらと乾いた感じです。



なぜ乾いている方がいいのか?

ではなぜ、乾いた状態がいいのかというと、

乾いている方が、古い角質が自然に剥がれ落ちやすいからです。


肌表面をベタベタにしてしまうと、
古い角質がくっ付いて自然に剥がれ落ちなくなってしまいます。

それがターンオーバーを遅らせる原因になりますし、

毛穴を詰まらせる原因にもなってしまうのです。


だから、肌表面はさらさら乾いて自然な状態が一番いいんです。

しっとりさせると逆効果。


女性の場合、メイクで肌をしっとりさせることもあるかと思います。
下地、BBクリーム、リキッドファンデなど。

それも良くないんですね。


理想はパウダーファンデのみ。

すべすべでさらっとした肌を目指しましょう。



それでは今日はこの辺で。

次回もお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional