ニキビの原因・治し方を公開中

角層ってなに?

角層ってなに?

こんにちは、矢吹です。


今日はスキンケアの肝ともいえる大事な皮膚の話です。


前回の記事で、皮膚は 「表皮」 「真皮」 「皮下組織」 の3つの組織で
構成されている、という話をしましたが、

私たちがスキンケアで何とか出来るのは、どうがんばっても


表皮まで


です。


しかも、表皮の表面(一番上の層)だけです。

それが「角層」です。


なので、「スキンケア=角層のケア」だと思ってもらって構いません。

それほど大事な組織です。


よく化粧品のCMなどで、

「有効成分が肌の奥深くまで浸透」

なんていう言葉を聞きますが、

いくら深くといっても、
化粧品成分は角層より下へは浸透することはありません。


それどころかほとんどの成分は、角層に弾かれ全く浸透しません。


それほど角層のバリヤ機能というのは強力です。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~



角層の構造って?

角層は、”角質”という薄い細胞が何重にも積み重なって出来ています。

つまり、「細胞の層」です。


厚さは体の部位によって異なり、
顔が最も薄く、手のひらや足の裏ではミリ単位の厚さです。


その役割は、先ほども話しましたが、

バリヤ機能。


体内の水分の流出を防いだり、
外部からの細菌の侵入を防ぐ物理的な保護機能を果たしています。

火傷で皮膚の3分の1を失うと死に至るといいますが、
これは角層を失うと体液の流出が止められなくなり、
生命機能が維持出来なくなるからなんですね。


角層はわずか0.02mmほどの薄さですが、

同じ厚さのプラスチック膜並みの水の通しにくさを持っています。


丁度ラップのようなイメージですね。

それだけ薄くても、
体重の70%もある水分の流出を防ぐ役割を果たすことが出来ています。


化粧品の成分のほとんどは、この角層に弾かれ浸透しない、と話しましたが、

ラップにいくら水や油を塗り込んでも全く浸透しませんよね?

それと同じことです。


化粧品成分のほとんどは、皮膚表面で留まっているだけです。


角層の強力さ、重要さを分かってもらえたでしょうか。



では今日はこの辺で。

次回もお楽しみに。


簡単ニキビ完治~もう一度美肌を手に入れる方法~

キレイになる!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional